太陽光発電とは

太陽光発電の仕組み

「太陽光発電システム」は、地上に降り注ぐ無限の太陽光エネルギーを受け、太陽電池モジュールが発電した直流の電気をパワーコンディショナーによって交流の電気に変換し家庭で利用するシステムです。

日中は発電した電気を優先的に使用、余った電気は電力会社に売られていくシステムになっています。なので発電した電気を無駄にすることなく、電気料金も削減できます。もちろん夜間や雨の日など、発電電力が消費電力に満たない場合は不足分だけ電気を電力会社から購入します。これら一連の流れを全て自動で行なうため、今までの生活スタイルを変えることなく光熱費を節約することができるのです。

さらに、太陽光発電モニタ「エコノナビットVI」や「ナビフィッツ」(オプション)により、現在の発電や家庭での消費電力の様子、売電/買電状況や節約効果を目で確かめる事もでき、さらに外出時でもスマートフォンやタブレットで発電状況の確認ができます。暮らしの中で自然と省エネを実施することができます。

よって太陽光発電システム導入で変わるもの、それは毎月の光熱費と、そこに暮らすご家族皆さんの 省エネや節約に対する意識と言えるのではないでしょうか?

sl_jyutaku_about_sikumi

 

 京セラは、材料からの一貫生産

世界に先駆け、鋳造法による多結晶太陽電池の一貫生産を開始

シリコン基板の研究・開発をすすめていた京セラは、1986年に独自でシリコン鋳造装置を設計し、世界で初めて鋳造法による多結晶基板を用いた太陽電池の量産を開始しました。その結果、モジュールのコストも1ワットあたり1000円程度にまで大幅にダウン。京セラが量産に成功した鋳造法による「多結晶太陽電池」は、今や世界の主流となっています。

品質へのこだわりがあるからこそ鋳造からモジュール完成まで自社工場で生産

何十年とご使用いただく太陽光発電システム。長く安心してお使いいただくために京セラがこだわってきたこと、それは鋳造からモジュールの完成までを一貫して自社工場で生産すること。それによって品質の均一化が図られています。

皆さまにお届けする全ての製品は京セラの厳しい品質レベルをクリアしたものとなっております。

sl_jyutaku_about_ikkan

 

京セラの長期信頼性

京セラは、1975年から太陽光発電システムの研究開発に取り組み、1993年には住宅用太陽光発電システムを日本で初めて発売しました。

1984年に太陽光発電を世に知らしめるべく「佐倉ソーラーエネルギーセンター」(千葉県・ 佐倉市)を設立。同センターに設置された太陽電池は現在も稼働し続けており、当時からの高い技術と長期信頼性を実証しています。住宅での長期使用実績は国内No.1です。

屋根一筋80余年!
長年の実績で日本の屋根を知り尽くした銅市金属工業。
金属屋根、雨樋の設計から製造・販売・施工までを手がける総合メーカーとして、
常に業界をリードしてまいりました。
独自の研究で個性豊かな商品を創り出し、
それらは一般住宅から大型建築、公共物件、そして伝統的な社寺と、
日本全国の様々な建築物に取り付けられ、多くのお客様に満足を頂いております。


ft_logo

〒323-0012 栃木県小山市羽川466-1
TEL 0285-23-1515 (代表)FAX 0285-25-1788